プロフィール

ナビ 男こんな名前ですが、ナビつけてません(。`・ω・)。

≫ 詳細プロフィール

 2020年07月 
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
記事テーマ

仁尾興産 (35)

塩マグ (10)

豆腐とニガリ (5)

がんばりアワード (125)

アクセス解析 (2)

リンク

三化理化株式会社
お世話になっている業者様です。塩マグの分析をす....

中宗機工株式会社
工場設備の材料全般でお世話になっている業者様で....

≫すべて表示

最近のコメント

ハマチ様 (08/21)

yakanchan (09/25)

ナビ男 (09/25)

yakanchan (09/24)

ナビ男 (07/03)

カルシウム検査

[ テーマ: 塩マグ ]

2012年12月13日15:27:31

こんにちは!今日は先日行ったカルシウム検査を紹介しますね顔

 

これは塩マグの希釈液にシュウ酸アンモニウム液を加えてニゴリを起こし、そのニゴリが「わずかに微濁」をクリアすれば良いというものです。

 

「わずかに微濁」というのは、食品添加物公定書の中の濁度試験法で定められた濁度標準液1.2mlで調整したニゴリのことで、ニゴリ方で比較する比濁法です。

 

カルシウム検査

左が標準液。右が当社サンプルです。サンプルの中にカルシウムがたくさん含まれていれば、ニゴリがきつくなります。6mlで比較するため、かなり分かりづらいですが、合格です顔

 

また何か珍しい試験をしたら紹介しますね顔


亜鉛検査☆

[ テーマ: 塩マグ ]

2012年12月10日11:32:00

おはようございます!

 

先日紹介した、塩マグの食品添加物の規格分析、また他の規格をやったので、これも紹介しますね顔

 

今回は、亜鉛をやりました☆

 

塩マグ内の含有亜鉛は食品添加物公定書では、70PPM以下が規格なんですが、「比濁法」と言ってニゴリ具合を比較して適合を見る分析方法を使います。

 

亜鉛比濁法

左が70PPMの濁度。右が当社塩マグサンプルの濁度です。70PPMのニゴリ具合よりも透き通っていますよね?これで当社の塩マグは、亜鉛規格を無事クリアしていることが分かりました顔

 

引き続き、他の項目も分析したら紹介しますね顔

 

 

 


ヒ素検査☆

[ テーマ: 塩マグ ]

2012年12月7日10:33:00

おはようございます。

 

仁尾興産では、毎年1回、12月の頭に作った塩マグでヒ素の検査を行っています。

 

分析方法は、食品添加物公定書のヒ素試験法第1法の装置Bで行い、4ppm以下が規格となっております。

 

先日、重金属試験法でも紹介しましたが、4ppmの標準液を作り、呈色させ、サンプルの呈色が4ppmのものよりも薄いか濃いかで適合不適合を判断します。

 

ひそ検査

試験結果は、無事合格顔右側が4ppmの標準液。左側が仁尾興産の塩マグです。 標準液よりも薄い色だということが分かります。

 

他にも、食品添加物の規格分析がありますから、また機会があれば紹介しますね顔


塩マグはサビます☆

[ テーマ: 塩マグ ]

2012年7月3日09:03:14

おはようございます。今日はスッキリしないお天気ですが、先日気づいたことがあります。

 

自転車1

これは工場で乗っている自転車です。仁尾興産は敷地が広いので、歩いて移動していると疲れる上に無駄に時間がかかるため、私は自転車を愛用しています。近所のスクラップ収集の時に良さそうなのを1000円で譲ってもらい、直して使っています。

 

自転車1

ふと、足元を見てみると、フレームのパイプが錆びていました顔この自転車は2代目の自転車なのですが、1代目の自転車もココが錆びました。

 

塩マグは金属をサビさせる物性があり、仁尾興産でも、色々なところがサビて、壊れて困っています。塩業工場というのは、サビとの戦いなのです。自転車の場合、乗り降りするときに、クツに付いた塩マグがフレームにつき、サビるんでしょうね。

 

そういうわけで、仁尾興産で使っている自転車はみんなここがサビています。

 

皆様も、塩マグ工場に行かれた際は、クツに付いた塩マグに気をつけてください!車のアクセルが錆びます顔


工業用塩マグ液仕込みました!

[ テーマ: 塩マグ ]

2012年7月2日13:34:53

おはようございます!今日は仁尾町は晴れです!

 

やっと屋外作業が出来るので、今日は前々からやらなければならなかった、工業用の液体塩マグを仕込みました顔

 

仁尾興産では、自社製品のほかにも、お客様からのご要望に合わせて、塩マグ商品も作っております。これはOEM品とも呼ばれるのですが、いわゆる「委託製造」です。

 

今日仕込んだものは、当社の塩マグ液を指定の濃度に調整した後、お客様からお預かりした化成品を混ぜて作る液体塩マグ製品です。

 

一旦、塩マグ液を分析して、MgCl2含量を調べた後、指定濃度にするためには水を何kg入れれば良いのかを計算。出来た中間物が何kgなので、最終的に混ぜる化成品は何kg。という具合に、分析と重量で仕込んでいきます。

 

工業用仕込1

今回は1tハカリを使って、ポリタンクで仕込みました。

 

工業仕込2

最終的に出来た製品が本当にお客様のスペックに適合しているのかどうかをいまいちど分析し、OKだったら、箱詰めします。

 

今回は工業用の液体塩マグですが、当然、食添用の液体ニガリもあります。もちろん、OEMもやっておりますので、もしご要望があれば、お気軽にご相談くださいね顔


塩マグの重金属試験

[ テーマ: 塩マグ ]

2012年6月27日09:16:05

おはようございます。

 

今日の仁尾町は曇りで、降りそうで降らない天気です天気

 

ところで、今日は塩マグの「重金属試験」の紹介をさせていただきます。

 

塩マグには、工業用塩マグ、食添用塩マグ、特級塩マグ等、様々なスペックがあります。

 

当社で作っているのは、「食添用スペックの塩マグ」なのですが、そのスペックはどうやって決まっているのかと言うと、

 

食添規格

この「食品添加物公定書」に載っている分析試験を行い、指定された規格(スペック)をクリアすることが条件となっております。

 

具体的に言うと、

・MgCl2・6H2Oが95~100.5%

・色&形状:無~白色の結晶・粉・フレーク・粒・塊

・溶状:微濁

・重金属:20ppm以下

・亜鉛:70ppm以下

・カルシウム:指定比濁法でわずかに微濁

・ヒ素:4ppm以下

 です。これをクリアして初めて「食品添加物」の称号がもらえます☆

 

この中で、先日、重金属試験を行いました。当社では、半年に一回、自社にて重金属試験を実施しており、毎年6月12月がその日なのです。

 

塩マグの場合、食品添加物公定書の、「重金属試験法の第2法」で検査するのですが、規格が20ppm以下なので、鉛(Pb)として20ppm入った標準液を基準として、サンプルの塩マグを比較。鉛に呈色する試薬を入れ、変化した色が20ppmの標準液よりも薄かったら合格という比色法で行います。

 

重金属試験結果

これがその結果です。左が鉛が20ppm入った標準液。右がサンプリングした塩マグ液です。両方とも、鉛に呈色する「硫化ナトリウム試液」で色づけしています。

 

20ppmのほうが黒ずんでいますよね?ということは20ppm以下ということが分かりました。

 

これで、当社の塩マグは、重金属試験に無事合格です顔

 

また、分析ネタがあれば、紹介しますね!


塩マグの微生物検査

[ テーマ: 塩マグ ]

2012年6月26日09:27:00

おはようございます☆

 

今日は梅雨の合間の快晴天気化成品事業部の朝はラジオ体操から始まるんですが、朝日を浴びながらの体操は、心なしかすがすがしい気持ちになりますね顔

 

さて、先日のことなのですが、塩マグの微生物検査を行いました。化成品事業部では、毎年6月に自社にて微生物検査を行います。

 

お客様に安心していただくための試験なのですが、今日はそれを紹介させていただきます。

 

当社では「サンコリ簡易検査」というキットを使って行っています。

 

サンコリマグ

項目は、一般細菌と大腸菌です。塩マグを溶かした液を染み込ませて、恒温機にて培養。コロニーが出来るかどうかをチェックしています。試験結果は、コロニーゼロで、良好です☆

 

ドロ結果

一方、比較実験として、屋外からサンプリングしてきたドロ水でも同じ試験を行っています。これは先日紹介したキンギョの住む水槽の水です。 対照実験と言うのですが、こちらはたくさんのコロニーが出来ています。これで、検査キットは正常であることが分かったので、今回の塩マグ微生物検査も無事合格というわけです☆

 

年1回しかやらないので忘れそうになりますが、毎年6月は微生物検査の日です顔


塩マグの分析

[ テーマ: 塩マグ ]

2012年6月21日08:55:00

おはようございます。今日は仁尾町は朝から雨です。天気予報では西日本は大荒れの模様で、今日一日気をつけなければなりませんね。

 

ところで、今日は塩マグの分析について紹介します。当社では、お客様のご要望にあわせて、作った塩マグの含量他、様々な項目を試験しています。

 

今日紹介するのは、フレーク状塩化マグネシウムのMgCl2の分析です。

 

検量

まずは検量です。ハカリで、ビーカーに入れたフレーク塩化マグネシウムの重量を量ります。

 

メスアップ

それをメスフラスコに入れて、希釈します。

 

EBT

希釈した塩化マグネシウム溶液を規定量、三角フラスコに移し、それに薬品を入れて赤色にします。

 

EDTA

それにEDTAという薬品を入れていくと、赤→青に変化します。青に変化するまでにEDTAを何ml入れたか。これで計算して、塩マグ中のMgを調べ、それからMgCl2の量を算出します。

 

これは「キレート滴定」と呼ばれる分析方法で、当社ではほぼ毎日行っています。この値が低ければ、固結といって、袋の中で固まってしまう危険性もあるため、その場合は出荷停止の措置をとることもあります。

 

見た目では、化成品のスペックは分かりません。そのため、こういった分析も大切な品質管理の仕事の一つです。


特別仕様の塩マグ

[ テーマ: 塩マグ ]

2012年6月6日09:08:00

おはようございます。

 

どこかしらで梅雨入りしたというニュースが飛び込んできましたが、ここ仁尾町は晴天です☆瀬戸内海沿岸部は、雨が少ないために製塩業が盛んで、仁尾興産も昔は塩を作っていました。

 

ところで、今日は仁尾興産の化成品事業部はチョット変わった塩マグを作っています。

 

脱臭ゼロという塩マグです。

 

原料

当社では、塩マグを作る時は、結晶塩マグと脱臭苦汁を混ぜて使っております。

 

結晶塩マグは、中国の塩湖(もともとは海で、そこが隆起して湖となり、雨が降らない乾燥した地域なので、塩マグが結晶として析出した場所)から取り寄せたものです。

 

脱臭苦汁は、製塩メーカーが塩を採取した後の残渣(生にがりとも言います)です。

 

この2つの組み合わせで当社の塩マグは作られるのですが、お客様によっては、脱臭苦汁を入れないで欲しいというご要望もありまして、脱臭苦汁を入れない特別仕様の塩マグも作っております。

 

脱臭苦汁を入れない場合、塩マグ中の微量成分のカルシウムが少なくなります。

 

そのため、脱臭ゼロを作る時は、塩マグを分析して、カルシウムの値が、お客様のご要望に適合しているかどうかを検査した上で製造を開始します。

 

脱臭ゼロ

見た目は脱臭ゼロも脱臭ありも変わらないんですが、塩マグも奥が深いです。


フレークニガリ、粒状ニガリ、粉状ニガリ

[ テーマ: 塩マグ ]

2012年5月30日09:57:00

おはようございます!

 

前回ニガリについて書きましたが、じゃぁ、ニガリって何なの?ってことを紹介します。

 

ニガリは・・・・・・

 

 

コレです!!!

 

フレークニガリフレークニガリ!

 

粉状ニガリ粉状ニガリ!

 

粒状ニガリ粒状ニガリ!

 

初めてのラーメン屋で注文する時に、「一番普通のラーメンってどれ?」って聞きませんか?

 

ニガリの世界で一番普通のニガリといえば・・・・

 

フレークニガリです!

 

そのフレークニガリを砕いて小さくしたものが粉状ニガリです!

 

そして、全く別の製法で球形にしたものが粒状ニガリです!

 

仁尾興産で作っているニガリの代表選手がこの3つです。

 

今までニガリニガリと言っていましたが、実は・・・ 当社では「ニガリ」という言葉、ほとんど使っておりません。

 

ニガリの正体は、マグネシウム1個、塩素2個、水6個がくっついて出来た「塩化マグネシウム」分子です。

 

当社では、略して「塩マグ塩マグ」と言っております。

 

 

フレーク状塩化マグネシウム=フレーク塩マグ

粒状塩化マグネシウム=粒状塩マグ

粉状塩化マグネシウム=粉状塩マグ

です。

 

 

ニガリ=塩マグでお願いします!